ホーム

大山口医院タイトル
医院写真ロゴ

○URLの変更について○

@niftyの@homepageサービスがlacoocanサービスに変更されたことに伴いまして、当院のURLも変更されることとなりました。お気に入り等に登録されている方は変更の方をよろしくお願いいたします。また、管理人へ連絡を取るために設置していましたメールフォームは利用不可となります。恐れ入りますが、掲示板か直接メールを送っていただきますようよろしくお願いいたします。(2016/9/30)

新着情報等

【ニュース】
日本気象協会より花粉飛散予測についてののお知らせがありました。
spacer
資料によりますと、近畿地方における花粉飛散開始日は2月中旬ごろとなっています。花粉飛散量は前年比240%(例年比140%)と予測されています。
※環境省による飛散予測は終了しているようなので日本気象協会の花粉情報サイトを紹介しています。(2017/2/1)
spacer
参考:花粉情報(外部リンク)
参考:【第3回】2017年春の花粉飛散予測(外部リンク)

【症例報告】
雑誌「アレルギー」第65巻 第4・5号(第65回日本アレルギー学会学術大会号)において、以下のような症例報告がありましたので参考にしてください。
spacer
「 沖縄旅行中にピーナッツの即時型アレルギーで当院を受診した症例のまとめ」新垣 洋平,新垣 律子, 那覇市立病院小児科
<院長より>
ピーナッツアレルギーに関する報告が沖縄県の那覇市立病院の新垣洋平先生よりありました。ピーナッツアレルギーのある旅行者が沖縄のジーマミ豆腐食べて、蕁麻疹、アナフィラキシーショック症状を示したという報告です。5年間で20人ほど病院を受診しています。沖縄ジーマミ豆腐の原料はピーナッツだそうです。ピーナッツアレルギーのある人は沖縄旅行ではジーマミ豆腐にご注意ください。
spacer
spacer
「最近増加している防腐剤メチルイソチアゾリノンによる接触皮膚炎」鈴木 加余子, 刈谷豊田総合病院皮膚科, 矢上 晶子,松永 佳世子,藤田保健衛生大学医学部皮膚科学
<院長より>
防腐剤(メチルイソチアゾリノン)による顔のかぶれの報告が刈谷豊田総合病院の鈴木加余子先生よりありました。この防腐剤が化粧品や乳幼児ウェットティッシュにも使用が許可され、今まで3例の接触皮膚炎を報告されました。皮膚の弱い人が化粧品等を買うときは防腐剤が安全かどうか調べる必要があります。
spacer
参考:社団法人日本アレルギー学会オンラインジャーナル(外部リンク)(2016/7/5)

【症例報告】
以下のような症例報告がありましたので参考にしてください。
spacer
1.「Maternal Intake of Natto, a Japan's Traditional Fermented Soybean Food, during Pregnancy and the Risk of Eczema in Japanese Babies」Naoko Ozawa, Department of Pediatrics, Chiba University 他, Allergology International 2014; 63: 261-266
<院長より>
千葉大学の医学部小児科のNaoko Ozawa先生の報告です。
妊娠中に毎日納豆を食べた母親から生まれた赤ちゃんは6ヶ月までの乳児湿疹の発症が低かったことが報告されました。しかし、魚・バター・マーガリン・ヨーグルト・を毎日食べた妊婦から生まれた赤ちゃんは乳児湿疹の発症の低下は認められなかったということです。大豆はアレルギーを起こしやすい食品の4番目ですので、当院では今まですすめたことはありません。参考までにしておいてください。
紹介ページはこちら(外部リンク)
spacer
spacer
2.「Residential Area, Birth Order, and Dietary Habit May Influence TSLP Levels in Colostrum: Comparative Study between Japan and Nepal」Yoko Aihara, Department of Health Sciences, University of Yamanashi 他, Allergology International 2014; 63: 283-285
<院長より>
山梨大学医学部健康科学科のYoko Aihara先生の報告です。
牛乳を毎日飲んでいる授乳期の母親からは、アレルギーを刺激するTSLP(Thymic stromal lymphopoietin)という物質が、牛乳を飲んでいないかほとんど飲んでいない授乳期の母乳よりも多く分泌されていることが確認されました。このTSLPは牛乳のアレルギーだけでなく、すべてのアレルギー物質に対してアレルギーを起こしやすくする物質です。当院ではアレルギー歴のある妊婦並びに授乳婦に対しては牛乳と卵の摂取制限を指導してきました。授乳婦への牛乳摂取制限は乳児の食物に対するアレルギーを減らすことになります。牛乳のみでなく、すべての食べ物に対して有効となります。また、ネパールの授乳婦の実験ではヨーグルトを毎日食べているほうが、食べていない授乳婦よりも母乳からのTSLPは少なかったという結果も報告されています。当院では妊婦および授乳婦に対してヨーグルトの制限はしていません。卵と牛乳そのもののみの制限となっています。
紹介ページはこちら(外部リンク)
spacer
spacer
3.「経皮感作は経湿疹感作である」松本健治, 国立成育医療研究センター研究所免疫アレルギー研究部 他, 第26回日本アレルギー学会春季臨床大会 2014年5月開催
紹介ページはこちら(外部リンク)
spacer
spacer
4.「獣肉アレルギー30例の発症原因と血液型の関与,交差反応性に関する解析」千貫祐子, 島根大学医学部皮膚科 他, 第26回日本アレルギー学会春季臨床大会 2014年5月開催
紹介ページはこちら(外部リンク)
spacer
参考:Allergology International(外部リンク)
参考:社団法人日本アレルギー学会オンラインジャーナル(外部リンク)
(2014/8/13)

spacer

医院からのお知らせ

大山口医院ではよりよい環境作りを目指して皆様からのご意見を募集中です。左のメニューより「管理人へメール」をクリックしてメールを送ってください。きたんのないご意見をお待ちしております。

このウェブページではメニュー制御とメールフォームにジャバスクリプトを利用しています。また動作確認はIE6.0以降、FireFox1.5.0.9で行っています。これら以外のブラウザでは一部デザイン及びレイアウトが反映されない場合があります。ご了承ください。

spacer